《ホテルの客室清掃バイト》楽・きつい?実際のバイト評判は?

清掃バイトの中でも短時間で働けるホテル客室のベッドメイクなどの清掃バイト。実際の体験談は?

ビジネスホテルの清掃バイトってどうなの?(体験談まとめ)

ビジネスホテルの客室清掃バイトの体験談


時給や待遇:時給900円
仕事内容:ビジネスホテル内部の掃除や室内の掃除
おすすめ度:★★★★★(5/5)
 

このバイトをして良かった・悪かった点は?

私はこのアルバイトをして楽しかったのはやはりチェックアウトした後に室内清掃です。
チェックアウトした後の部屋というのはたいていかなり散らかっていおり、タオルは無造作に置かれていたりしますし、ティッシュなどはゴミ箱に捨てずにそこらじゅうに散らかっていたりするのですが、そういった散らかった部屋を隅々まで掃除して、元の状態に戻すように掃除するのは自分にとってはとても楽しい作業でした。先ほどまで散らかっていた部屋が掃除をしたらこのようになったというようなビフォー、アフターを楽しめる、きれいになった時は本当に気分が良く晴れやかな気分になります。

このアルバイトをしていて嫌だったことはやはり得体のしれないものを掃除する時です。ある部屋を掃除していたときに今まで見たことのない生物が出てきたのでそれを掃除機で吸い込みました。その虫は恐らく普通の人だと答えられないような虫だと思います。特殊で気持ちの悪い生物だったのでそのような生物に遭遇した時は本当に嫌で、寒気がしました。
 

清掃アルバイトはおすすめできる?その理由は?

このアルバイトは気楽に仕事ができるのでいいと思います。掃除はもちろんきれいに早くしないといけませんが、ほかのバイトに比べて時間に追われることがないので、それはとてもいいことだと思うのであります。時給が900円でわりかし良いし、掃除が好きな人だったら本当に趣味の延長線上でできる仕事なのでいいと思うのであります。
こんな人に向いてる・向いてない!
この仕事が向いていない人はやはり潔癖症な人です。部屋の掃除をするときには人が使ったタオルやティッシュを触らなければなりません。なので、潔癖症な人にはそのような仕事はつらいと思います。逆に向いている人は、汚いところがあったら放っておけないという人です。
 

バイトなのにボーナスあり!ビジネスホテルの清掃アルバイト体験談


具体的なバイトと仕事内容を教えて下さい。
私が初めて入った清掃業は茨城県水戸市のビジネスホテルでした。
時給(当時)840円で通勤は全額。アルバイトなのになんと年1回ボーナス2万円ほど出るという待遇。
仕事内容は一人で10畳ほどの客室を清掃するという作業で、目立って言えばベッド、デスク、お風呂、トイレ清掃、ごみ回収&分別、アメニティー(タオルや歯ブラシ、特典の品)の設置、忘れ物や破損物の点検、回収、修理と言う内容です。
ホテルの清掃業内容は場所によっては変わってきますが、ここでの内容はおすすめ度★★★★☆(4/5)ですね。
 

清掃アルバイトの体験談〜良かった・悪かった点は?〜


ここでのバイトの良かった点はまず、一人と言う事。
他の場所での作業は大体2人体制をよく見て聞いています。
またはシーツやカバーの回収としてリネン回収業者、最終点検、アメニティー(歯ブラシや特典の品)設置としてビジネスホテルのフロントマネージャーの方などが介入する場所もあります。
しかし、私がやっていた中では1人がやりやすかったです。

客室をすべて一人で12室分を4時間で…となると一室に描けられる時間は20分ですが、20分で完了するには難しいのです。
どうしても30分はかかる業務、忙しさや責任感、プレッシャーは大きいのです。
2人体制であると一人1室。バスタブ(トイレ含む)とベッド(デスク含む)とに分け、それを交互に変えてやっていくとい言う作業です。
もちろん2人体制だけあって20室になります。清掃の業務に大事なのはチームワークさは基本として、完璧さと時間、どちらかと言えば時間の方が最優先される場所もあります。それに集中して完了する必要があります。

しかし、2人体制で大事なのがチームワークが色濃くなるかと思います。
清掃と言ってもプロ意識ある作業員は妥協は許しません。ホコリや1粒の水滴が残っていればもう大変です。
それになかなりの集中力、注意力が必要ですが…

例えばジェンガを時間内に”すべて一人でやる”のと、”二人で話し合って一人数秒単位で決めてやる”のと似ているかもしれないです。
ソレで言えば一人の方が数秒より細かく見定められるし、気が楽で集中できます。
もちろんそれは知恵を出し合ってより精度を上げてシンプルに仕上げたいという方であればまたちがうかと思います。
反対にここのバイトで不安だった点はとにかく時間が無い。

ビジネスホテルは普通の旅館とは違います。

観光もお土産も物珍しものもありません。ですからお客様の視点がデスクやアメニティーなどに向きやすいため、誤魔化しが(する気はないですが)利かないのです。例えば、綺麗な図式を仕上げるには定規やコンパスなどが必要です。そしてそれを使う時間も知恵も必要です。
それで考えたならば清掃にも器具や知恵、目視点検作業の時間と労力が必要です。
しかし、お客様は待ってはくれませんし、待たせるわけにはいきませんね。
どうしても40分でやらなければならない場所だとしたらば、仕事中の方に応援を頼むかして完璧に終わらせる必要がありました。
 
清掃アルバイトはおすすめできる?その理由は?
オススメできるかどうかは一概には言えませんが。清掃と言う仕事は家でもしますし、必要な作業です。
よくいう歌い文句「誰でもできる」とありますが、空気椅子をしたあとに100M走を3時間ほど繰り返すと言うような肉体的疲労があります。
それにも増して隅の窓枠に出さえ妥協は許されないという厳しいところもあり、4時間の作業で1日でやめる方もかなりいます。


ビジネスホテルに限らず清掃業では腰椎を悪くされます。ヘルニアで退職を余儀なくされる方もよく見ました。
じゃなにがいいのかと言えば、達成感も大きいですが、お客様が満足される、喜ばれる姿や、言葉です。
ビジネスホテルでは1泊から1か月、長くて1年半連泊される方もいます。言えば家の代わりにもなるのでは?とも思います。


客室をスカイプなどでの会議で利用するため、「この時間はノックしても返事はできませんよ」と言われるときもあります。
外出されるときは「いってきます」入室されるときは「帰りました」と言うようなやり取りが好きな方は続くと思います。
実際楽しいです。海外からの方も多く、ドイツ語で書かれたメモ、英語で描かれたスタッフへのメモ書き、話しかけられる時もあり英語がわからないと戸惑いますが反対に英語の勉強にもなります。

チップとしてお菓子をもらった方も多くいました。
メイド精神に近いのかもしれないので、人に尽くす、お手伝いをさせていただきたい、満足になってもらうにはどうすればいいだろうかと考えるのが好きであれば。と言う視点かと思います。